ピンククロス アンバサダー規程

(2017年5月2日)

(総則)
第1条 本規程は、ピンククロスプロジェクト(以下、当会という)が認定するピンククロ
スアンバサダーの権利及び義務並びにピンククロスアンバサダーに対する当会の責務を規定することにより、当会とピンククロスアンバサダーの健全な関係の構築を図るためのものである。
2 本規程の運用については、当会が管理し、その責任を負う。

(ピンククロスアンバサダー)
第2条 ピンククロスアンバサダーとは当会の掲げるビジョンを共に実現する協働者であ
り、当会所定の方法により当会へアンバサダー資格の登録を行い、当会の承認を受けた者をいう。
2 ピンククロスアンバサダー希望者は本規約に同意の上で申し込むものとし、本規約に同意したものとみなす。

(当会の義務)
第3条 当会は、ピンククロスアンバサダーに対し、次の義務を負う。
1 ピンククロスアンバサダーの認定および登録
2 ピンククロスアンバサダーが当会のサービスを提供する場合に協力すること
3 ピンククロスアンバサダーに対し、研修、助言、その他の方法により、活動実務をサポートすること
4 ピンククロスアンバサダーの活動を円滑に行うことができる情報提供を行うこと
5 規約および細則またはマニュアルにより定められたピンククロスアンバサダーの権利を保障すること

(ピンククロスアンバサダーの権利)
第4条 ピンククロスアンバサダーは、次の権利を有する。
1 当会が提供する各サービスを優先的に使用する権利
2 能力向上又は成長のため、当会が主催する研修等に参加する権利
3 アンバサダーの自発的な意思により、当会のアンバサダー登録取り消しを請求する権利

(ピンククロスアンバサダーの義務)
第5条 ピンククロスアンバサダーは、次の義務を負う。
1 当会のミッション、アンバサダー規約および細則等に従うこと
2 アンバサダー活動中において知り得た当会、当会の役職員及びアンバサダー並びに顧客、その他の関係者(以下、当会等という)の情報については、当会の許可がある場合又は業務上必要と認められる場合を除いては、アンバサダー認定審査中及びアンバサダーとしての契約期間が満了した後においても、第三者に対し一切開示・漏洩しないこと
3 当会の名誉又は信用を失墜させる行為又はそのおそれがある行為を行わないこと
4 アンバサダーの故意または重大な過失により、当会等に損害を与えた場合、当会の求めに従い、その損害を弁償すること

(ピンククロスアンバサダーの禁止事項)
第6条 アンバサダーは以下の行為を行ってはならない。当会がアンバサダーの行為が禁止事項に該当すると判断した場合、当会はアンバサダーへの事前通告なしに、当該アンバサダーを解任することができる。
1 当会、その他の第三者の権利、利益、プライバシー、名誉等を損なう行為、その他の不利益を与える行為またはそのおそれのある行為
2 アンバサダーであることを利用して、当会と競合しまたは競合する可能性のあるサービスを提供すること
3 当会の業務の運営・維持を妨げる行為を行うこと
4 登録事項に虚偽の内容を登録すること、または真正な情報に訂正、補正しないこと
5 その他、当会が不適当と判断する行為

(ピンククロスアンバサダー登録)
第7条 当会のアンバサダーになろうとする者は、当会が定める方法で、アンバサダー登録をしなければならない。
2 当会は、アンバサダーになろうとする者が、次の一以上に該当する場合、アンバサダーの登録および更新を拒否し、登録抹消することができる。
一 故意により当会等に損害を与えることが明白な場合
二 当会の名誉、信用を失墜させることが明白な場合
三 その他、当会が相当と認めた事由のある場合

(ピンククロスアンバサダー登録の抹消)
第8条 アンバサダーは、その自発的な意思に基づき、所定の手続きを行うことにより、アンバサダーの登録取り消しを請求することができる。
2 当協会は、アンバサダーから登録取り消しの請求があった場合、速やかにその登録を抹消しなければならない。

第9条 本規程に定めのない事項については、当会がこれを決する。

本規約は2017年5月2日より施行する。

ページトップに戻る