• LPS「リポポリサッカライド」
  • LPS「リポポリサッカライド」
  • LPS「リポポリサッカライド」

LPS「リポポリサッカライド」

pc008-bs
12,000円(税抜・送料別)
付与ポイント:120pt
LPSは「リポポリサッカライド」と呼ばれ「自然免疫力」を強化し、さまざまな病気やウィルスに負けない体作りに役立ちます。レンコン、めかぶ、玄米など身近にある多くの穀物、野菜にはLPSが含まれています。
【栄養成分表示】
エネルギー・・276kcal
タンパク質・・3.3g
脂質・・・・・0.1g
炭水化物・・・65.4g
食塩相当量・・0.4g

【お召し上がり方】
1日あたり2ml(添付のスプーンすり切り1杯)を目安に、飲み物や水、ヨーグルトなどに入れかきまぜてお召し上がりください。
※賞味期限は未開封での期間です。開封後は賞味期限にかかわらずお早目にお召し上がりください。

【原材料名】
難消化性デキストリン、有胞子性乳酸菌、乳糖、米糠発酵抽出液(LPS)、テアニン、米胚芽・大豆発酵抽出物
【内容量】73g(2ml×65)
【保存方法】高温多湿、直射日光を避け、冷暗所に保管してください。
【販売者】B'sカンパニー株式会社
     〒143-0024東京都大田区中央4-31-19

【乳酸菌と一緒に食べるとより効果的】
糖脂質(LPS)とペプチドグリカンあるいはβグルカンはマクロファージの活性化について相乗効果を示すことが明らかとなりました。このことは、異なるTLRに結合する免疫賦活物質を上手に組み合わせることで、より優れた免疫制御作用が得られる可能性を示しています。

【免疫細胞マクロファージとは?】
マクロファージは人間に限らず、どんな下等な生物にも存在しています。つまり、地球上のあらゆる生命を守るために、中心的な役割を果たしているのが、マクロファージという細胞です。
マクロファージは貪り食べる細胞です。マクロファージが食べるのは、体の中の老廃物や、自分自身の死んだ細胞、侵入してきた病原菌など、いずれも健康を脅かす元になるものです。 その他にも、身体の内側や外側の傷を治したり、神経の修復をしたり、体内の免疫機能のコントロールを司ったりと、健康を維持する上で極めて重要な役割を担っています。「パントエア菌LPS」が、白血球の免疫細胞「マクロファージ」の最強の活性化物質なのです。乳酸菌とLPSを合わせて摂るとさらに相乗効果が期待できます。
品番:pc008-bs
ページトップに戻る